2014/05/14 Wed 20:43 コントローラー
IMG_3012.jpg

→天板覚書
RAP V3 SAを所々弄ったのでメモ的な感じで残すよ。
印刷をコンビニへ行って往復するのが面倒なので、自宅で印刷するよ。
本当はA3用紙を印刷できればいいけどそんな大きいプリンター無いよね。
ってことで天板試作人さんの所で説明されている印刷方法を使うよ。

しかし、RAP V3とかRAP VXって横幅が広いからリーガル用紙を応用する方法でも足りないです。
折角、サイズを合わせても幅が足りなくて印刷が切れちゃうよ。
ってことでユーザー定義用紙ってのを指定して、幅215.9*長さ400で指定すれば今一番市販されてるRAPのサイズもカバーできちゃいます。
紙はA3用紙の幅を215.9なので大体216mmでカットすればOK。

Pixiaってソフトでレイアウトとサイズを決めて印刷するけど、印刷設定をちょっと微調整したのでそれのメモ。
印刷設定→紙を横印刷設定→ページ設定の用紙サイズを上記のユーザー定義用紙を入力
次にPixiaの印刷画面の設定だけど、RAP V3は大体141*384でそのまま印刷したい・・・。
けど微妙に小さくなったので1mm~2mmくらい大きくすると良いです。
これでRAP V3サイズでも家で天板デザインを変えられるよ!やったね!
旧RAPサイズはリーガル用紙でいけるのかな?

→レバーとボタン
基本三和です。
セイミツレバーとボタンの静音化を試みたけど色々大変だったので断念。
製品で静音レバーとかボタンあるけど0.3mmだったか0.5mmだったか忘れたけどゴム板使えば簡単に静音できちゃうからね。
別に音は気にならない環境だけど高い音は耳につくからね。
ゴム板を厚くすれば音はその分収まるんじゃない?
レバーは薄くないと干渉するから薄いのを使おう、あとマイクロスイッチ分解することになるよ。
半田ごてとかは使わないし、構造がわかれば作業自体はとても楽。

レバーの感覚を出来るだけ残したかったので、軸でガイドに当たる箇所へゴム板をつけてたけど敢えてそちらは撤去。
レバーはマイクロスイッチのみ、ボタンは十円で線書いて切って適度につい中央に穴を開けてボタンを分解したところに挟もう。
高い音を潰してそこそこ静かで使用感が気にならないレバーになったよ。
詳しく知りたかったらここを見よう

更に静かにしたいならRAPの中の空洞をスポンジとかそんな感じのやつで埋めればいいと思うよ。
粘土は確かに静かになりそうだけど、重かったり色々大変そうだからおすすめできないかな。

あとはL1とL2(一番右の列)は使わないし、邪魔なので目隠しキャップで埋めました。
地味にオリジナリティ感が出たぞ。
これ以上構造的な改造はしないと思う。

2013/10/11 Fri 23:50 コントローラー
IMG_2553.jpg

北斗の拳をやりたいがために入手したRAP1Amazon限定カラー。
レバーはいいんだけどボタンがポコポコ。
レバーは三和なんだけど、ボタンがホリらしい。
ってことで三和ボタンに交換したんだけど、印刷のボタン配置が微妙に嫌なんだよなぁ。
一番左の列にL1L2なんだよ。
途中から現在の配置になったらしいけど。
あとボタンの配列が右上がりってのが気になる人は気になるかな。
特に右2列は使わないからそこまで気にならないけど。

IMG_2563.jpg

途中で余ったダイノックシート貼ったけど、うーんこの・・・。

IMG_2567.jpg

これで完了、天板のボルトを緩めるだけでボタンとレバーが交換できる便利な状態にしたよ。

IMG_2566.jpg

裏側にナットを瞬間接着剤で留めただけだが。
元の状態より整備性はいいよ。